メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

皇居資料館、出国税で拡張 外国人客増目指し 三の丸尚蔵館

皇室ゆかりの美術工芸品などを保管、一般公開している三の丸尚蔵館=東京都千代田区の皇居で2017年12月13日午後3時7分、高島博之撮影

 政府は、皇室ゆかりの美術・工芸品を所蔵する宮内庁三の丸尚蔵館(東京都千代田区)を全面改修し、展示室を現在の160平方メートルから1300平方メートルに拡張する。財源には今月7日に徴収が始まった国際観光旅客税(出国税)を充当。2025年に完成予定で、東京五輪・パラリンピック後の外国人観光客誘致につなげる。【高橋克哉】

 三の丸尚蔵館には、鎌倉時代の「蒙古襲来絵詞(えことば)」、桃山時代の狩野永徳らによる「唐獅子図屏風…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文733文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです