メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

大人になるとはどんなことか…

[PR]

 大人になるとはどんなことか。きょうは平成最後の成人の日。詩人の茨木(いばらぎ)のり子に<大人になるというのは>で始まる詩がある。すれっからしになることだと考えていた自分が、立ち振る舞いの美しい、すてきな女性に出会う▲詩は続く。<そのひとは私の背のびを見すかしたように なにげない話に言いました 初々しさが大切なの 人に対しても世の中に対しても 人を人とも思わなくなったとき 堕落が始るのね-->▲その人は新劇の名女優、山本安英(やすえ)。木下順二の「夕鶴」のつうの役で知られる。戦争に協力する芝居には関わらず一線を退いたが、戦後すぐに復帰する。文芸の道を志した茨木はやがて山本と知り合い、交流が始まる。茨木21歳、山本40代はじめの頃だった(後藤正治氏著「清冽(せいれつ) 詩人茨木のり子の肖像」)▲この春には選挙権が18歳に引き下げられて初の統一地方選がある。平成の次の時代には18歳が成人年齢に。若くても大人社会の一員となる。その大人とは。茨木のように人との出会いで気づくこともある▲73歳の時の詩集「倚(よ)りかからず」の表題作がある。できあいの思想、できあいの宗教、できあいの学問、いかなる権威--いずれにももはや倚りかかりたくないと茨木は言う▲詩にはこうある。<ながく生きて 心底学んだのはそれぐらい じぶんの耳目 じぶんの二本足のみで立っていて なに不都合のことやある>。彼女の詩を読むと、本当の大人になることの難しさと奥深さを教えられる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  3. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  4. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  5. 愛知・稲沢市長選 加藤氏が再選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです