メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

中国でゲノム編集「双子」 受精卵改変、歯止めなし

 ゲノム編集技術を使ってヒトの受精卵の遺伝子を改変し、双子が生まれたと中国の研究者が主張してから1カ月あまり。真偽は依然として不明だが、この出来事は国際社会に大きな衝撃をもたらし、安易な「生命操作」に歯止めがきかない現実を突きつけた。受精卵の遺伝子改変に法的な規制のない日本の状況について、専門家からは「同様のことが起こりうる」と危惧する声が上がっている。【須田桃子、荒木涼子、北京・浦松丈二】

この記事は有料記事です。

残り2224文字(全文2421文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです