メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

スマホ決済の購買履歴 匿名性奪い未来に影響も=武田徹

 スマートフォンを使った決済サービス「ペイペイ」が昨年末に実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」は、還元総額の大きさと、どの支払いでも20%キャッシュバックする“大盤振る舞い”で話題を呼んだ。

 ペイペイに共同出資するソフトバンクとヤフーとしては一気にユーザー数を増やし、スマホ決済で先行するLINE(ライン)や楽天に対して巻き返しを図りたかったのだろう。だが、キャンペーンの結果、利用者が殺到してサーバーがダウンするなどのトラブルが続き、そちらでも話題になってしまった。

 こうした「ペイペイ騒動」のなかで、触れられなかった論点があったのではないか。

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです