メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

TBM 山崎敦義CEO

TBM 山崎敦義CEO

 石灰石が主原料の新素材「LIMEX(ライメックス)」で、水と木材パルプを使わず紙の代替物が作れ、石油由来原料を抑えてプラスチック代替品が作れる。資源枯渇とプラ汚染に悩む世界の救世主となるか。エコロジーとエコノミーの両立を唱えるTBMの山崎敦義・最高経営責任者(CEO)に聞いた。【聞き手・志摩和生】

 --貴社の成り立ちを教えてください。

 ◆2008年に石灰石を原料に台湾で作られていた「ストーンペーパー」に出合ったのがきっかけです。日本でエコロジーの意識が高まっていた時だったので面白いと思い、日本での輸入商社になりました。普及を始めると、日本を代表する企業や商社からたくさん問い合わせをいただいた。「これは非常に意義があって面白い」と。

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1188文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです