メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
100年カンパニーの知恵

住友ゴム(兵庫県)/中 震災で制振開発加速

阪神大震災で倒壊した神戸工場の煙突=住友ゴム提供

 <since 1909>

独自技術でお客様の安心を支える

 1995年1月17日未明に発生した阪神大震災は、住友ゴムの中枢、神戸市中央区にある本社と工場を直撃した。夜勤中の従業員約150人は無事だったが、工場建屋は大きく損傷し、操業不能となった。

 一刻も早く生産再開をしないと多くの顧客に迷惑がかかる。神戸工場だけで生産していた二輪車用タイヤとゴルフボールの生産再開が急務だった。経営陣は、神戸工場を閉鎖し、無事だった生産設備を移設して、名古屋や福島県の白河など他工場での生産再開を決断した。労使一体の懸命の取り組みにより、被災後わずか1カ月で二輪車用タイヤの生産再開にこぎつけ…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文722文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです