メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク、パ・リーグ制覇 3年ぶり19回目
はたらくα

人工知能と同僚に/1 人手不足解消、担当すみ分け

深夜の空港ターミナルビルで黙々と働く清掃ロボット=関西国際空港で、小松雄介撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 人工知能(AI)の技術が日々、進歩している。働く現場で今、AIはどのように使われ、それによって私たちの働き方はどう変わるのだろう。

 ウィーン、ウィーン。午後11時過ぎの関西国際空港(大阪府泉佐野市)。AI搭載自動清掃ロボット(高さ1・4メートル)が看板などの障害物を避けながら、広々とした床面を掃除していく。24時間空港だが、深夜のため人はまばらだ。時折、興味深そうに近づいてくる客もいる。

 1日6万~7万人が利用する関空は昨年10月から、カナダ製とスイス製の計2台の清掃ロボットを導入した。フロアの地図を読み込ませると最適清掃ルートを計算し、光センサーやカメラで人間や障害物を察知。上手によけながらきれいにしていく。作業後は自動でリポートを作る。

この記事は有料記事です。

残り2105文字(全文2446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  3. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです