メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・ライフスタイル

認知症の人の暴力、対応策は

国や大阪府などを相手取った損害賠償請求訴訟の第1回口頭弁論後、記者会見する佐保輝之さん(左)とひかるさん=大阪市北区で昨年11月22日、野口由紀撮影

 認知症の人が突然、暴言を吐いたり、暴力をふるい始めたりしたら--。認知症で暴れる母を止めようとして起訴され、職を失った大阪市の男性と妻の裁判から、認知症の症状としての暴言・暴力とどう向き合うか探った。

 ●事件、事故死で争い

 職を失ったのは、大阪大歯学部元助教の佐保輝之さん(58)。大阪市東淀川区で妻ひかるさん(55)と暮らす。佐保さんによると、2011年6月、同居していた母重子さん(当時80歳)が自宅で夜中に突然暴れだした。止めようとしたが2人や父守男さん(90)につかみかかったり、家具に頭をぶつけたりした。明け方に落ち着き、佐保さんは仕事に出掛けたが、夜に帰宅すると死亡していた。肋骨(ろっこつ)が折れ、多数のあざもあり、死因は外傷性ショックとされた。

 2人は重子さんを暴行して死なせたと疑われ、9カ月後、傷害致死容疑で大阪府警に逮捕され、同罪で起訴さ…

この記事は有料記事です。

残り2154文字(全文2535文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです