メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

鹿児島・奄美中1自殺報告書 主体は教師ではなく子供

第三者委報告書について記者会見で説明する内沢達委員長(中央)ら=鹿児島県奄美市で

 <kyoiku no mado>

 鹿児島県奄美市で2015年11月、市立中1年の男子生徒(当時13歳)が自殺した。市の第三者委員会は昨年12月、直前に担任の男性教諭から受けた不適切な指導が原因だったとする報告書を市に提出した。なぜ「指導死」は起こったのか--。第三者委が指摘する教育現場の問題点や、再発防止を模索する取り組みを追った。【樋口岳大】

この記事は有料記事です。

残り1879文字(全文2053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです