メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外朝乃山が初優勝 三役未経験58年ぶり
教育の窓

鹿児島・奄美中1自殺報告書 主体は教師ではなく子供

第三者委報告書について記者会見で説明する内沢達委員長(中央)ら=鹿児島県奄美市で

 <kyoiku no mado>

 鹿児島県奄美市で2015年11月、市立中1年の男子生徒(当時13歳)が自殺した。市の第三者委員会は昨年12月、直前に担任の男性教諭から受けた不適切な指導が原因だったとする報告書を市に提出した。なぜ「指導死」は起こったのか--。第三者委が指摘する教育現場の問題点や、再発防止を模索する取り組みを追った。【樋口岳大】

この記事は有料記事です。

残り1879文字(全文2053文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  3. 安倍首相、トランプ氏を六本木の炉端焼きで接待へ
  4. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  5. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです