メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

背水の稀勢、初日に土 御嶽海に黒星

御嶽海(手前)に押し出しで敗れる稀勢の里=東京・両国国技館で2019年1月13日、竹内紀臣撮影

初日(13日・両国国技館)

 休場明けの横綱・稀勢の里は小結・御嶽海に敗れ、土俵人生を懸ける場所で初日黒星となった。先場所全休した白鵬は19場所ぶりに三役に返り咲いた小結・妙義龍を危なげなく退け、鶴竜も平幕の栃煌山の立ち合いの変化に対応して突き出し、白星発進した。大関陣は高安が逸ノ城、豪栄道が錦木、栃ノ心が北勝富士と3人そろって平幕に敗れた。先場所優勝の関脇・貴景勝は正代を突き出した。

この記事は有料記事です。

残り1681文字(全文1874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです