メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

全日本高校女子選手権 星槎国際湘南が初制覇

 全日本高校女子選手権最終日は13日、神戸市の神戸ユニバー記念競技場で決勝が行われ、星槎国際湘南(神奈川)が常盤木学園(宮城)を1-0で破って初優勝した。

 星槎国際湘南は積極的に攻めに出た前半に黒柳がFKを直接決めて先制。後半は攻勢を受ける場面が続いたが、粘り強い守備で逃げ切った。

 6大会ぶり6度目の優勝を狙った常盤木学園は素早いパス回しから好機をつくったものの、決めきれなかった。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです