メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第68期王将戦

第1局 両者陣形を整備

初手を指す挑戦者の渡辺明棋王(左)と久保利明王将=静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で2019年1月13日午前9時、小林努撮影

 久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑戦する第68期王将戦七番勝負第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、静岡県掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、掛川信用金庫、ゼロの会、囲碁・将棋チャンネル協賛)が13日、掛川市の掛川城二の丸茶室で始まり、午後6時、渡辺が43手目を封じ、1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち消費時間は渡辺3時間55分、久保3時間32分。14日午前9時に対局を再開する。

 現役最年長タイトル保持者の久保が防衛すれば3期連続5期目、渡辺が奪取すれば5期ぶり通算3期目となる…

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1117文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです