メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成人式

やっぱり20歳 「18歳で大人」22年民法改正後も 一部自治体、はや表明

成人式で配られた「いのちの石碑」についての冊子を読む新成人たち=宮城県女川町で2019年1月13日午後3時25分、藤井達也撮影

 14日は平成最後の「成人の日」。多くの自治体がこの時期に成人式を開くが、民法改正で2022年4月から成人年齢は20歳から18歳に引き下げられる。しかし、成人式のあり方を定めた法律はなく、一部の市は受験シーズンと重なることへの配慮などを理由に20歳を対象とした式典の継続を表明。逆に「18歳成人式」を決めた自治体は「現時点で聞いていない」(法務省の担当者)という。【和田武士】

 改正民法の成立から1カ月たった昨年7月中旬。神奈川県逗子市はいち早く「20歳成人式」を維持するとの…

この記事は有料記事です。

残り1746文字(全文1984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです