メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
影山貴彦のテレビ燦々

大泉洋、演技もトークも一級品 宣伝でも「本気」が気持いい

 公開中の映画「こんな夜更けにバナナかよ〓愛しき実話」を先日見た。難病にかかりながらも、自らの思いに素直に生きた鹿野靖明さんの実話を元にしている。原作は渡辺一史の書籍だ。鹿野さんを演じた、大泉洋の自然体の演技に感動した。作品を過剰に重くしなかった、前田哲監督の演出の力も大きい。いい映画に出合えた。

 週に一度は映画館に足を運ぶが、作品のPRに特化した番組や記事には、あまり触れないようにする。もちろん、情報社会において完璧にそうすることは難しいが、自らの力で面白いものを探したいという思いが強い。

 公開近い映画や新ドラマの宣伝のため、バラエティー番組などに、有名俳優らが出演することがよくある。気…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文732文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち (中)若手隊員の思い やりがいと寂しさと メールで家族や夫と連絡

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです