メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成人式

20歳の笑顔 未来へ決意

福祉車いす着付師の宇治田いさ子さんから振り袖を着せてもらう植西佑帆さん=和歌山県海南市の植西さん宅で2019年1月13日、黒川晋史撮影

晴れ姿、諦めない 車いす着付師、後押し広がる

 車椅子利用者の着物の着付けを手伝う民間資格「福祉車いす着付師」が広がっている。NPO法人「日本理美容福祉協会」(東京)が2016年に資格を創設し、これまで約1000人が取得。和歌山県海南市では13日、難病で四肢が不自由な女性が着付け師の支援を受け、晴れ着姿で成人式に参加し、笑顔を見せた。

 車椅子を利用する障害者らは、着付けをしてくれる人がなかなか見つからず、成人式などの晴れ舞台でも着物…

この記事は有料記事です。

残り1474文字(全文1692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです