露「北方領土」呼称を批判 日露外相、平和条約締結交渉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日露外相会談に臨む河野氏(左)とラブロフ氏=2019年1月14日、AP
日露外相会談に臨む河野氏(左)とラブロフ氏=2019年1月14日、AP

 【モスクワ光田宗義、大前仁】河野太郎外相は14日午前(日本時間同日夕)、日露平和条約締結に向けた交渉のため、ロシアのラブロフ外相とモスクワで会談した。会談は安倍晋三首相とプーチン露大統領が両外相を「交渉責任者」に指名した昨年12月以来初めて。今月22日にモスクワで日露首脳会談、2月にドイツでの国際会議に合わせて外相会談を開き、交渉を進めることで合意した。ただ、北方領土を巡る歴史認識などで、双方が主張を述べ合うにとどまったとみられる。

 会談は約2時間半にわたり、その後、両外相はワーキングランチを約1時間10分行った。河野氏は会談後、記者団に「日露双方の具体的な考え方を議論した。長年未解決の困難な問題だが、終止符を打つという両首脳の決意を踏まえた会談だった」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1140文字)

あわせて読みたい

注目の特集