中国、会社関与の否定強調 ファーウエイ社員スパイ容疑

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・河津啓介】中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の中国人社員がポーランド当局からスパイ容疑で逮捕された問題で、中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)副報道局長は14日の定例記者会見で「ファーウェイとポーランドの関係部門は共に単純な『個別の事案』としている」と述べ、会社ぐるみの関与を否定…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

あわせて読みたい

注目の特集