メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、麻薬密輸罪のカナダ人に死刑判決 執行巡りけん制か

 【北京・河津啓介】中国遼寧省大連市中級人民法院(地裁)は14日、麻薬密輸罪に問われたカナダ人男性、ロバート・シェレンバーグ被告の差し戻し審を開き、死刑を言い渡した。この裁判では、昨年末の上訴審で、1審判決の懲役15年は不当に軽いとする検察側の主張を認め、審理の差し戻しが決まっていた。

 カナダ当局が昨年12月に中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)幹部を拘束した後、中国でカナダ人拘束が相次いでおり、中国当局は事実上の対抗措置を打ち出している形。1審より重い死刑判決を言い渡した異例の判断に、国際社会から恣意(しい)的な判決との批判が出るのは必至だ。中国…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです