梅原猛さん死去 イデオロギーを嫌い、学問を愛した人生

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
特別講演を終え、花束を手にする梅原猛・国際日本文化研究センター顧問(右から2人目)=京都市西京区の同センターで2013年5月22日、竹内紀臣撮影
特別講演を終え、花束を手にする梅原猛・国際日本文化研究センター顧問(右から2人目)=京都市西京区の同センターで2013年5月22日、竹内紀臣撮影

 哲学者の枠にとどまらない、膨大な日本文化の集積から、独自の「梅原日本学」を築いた梅原猛さんが亡くなった。イデオロギーを嫌い、学問を愛した人生だった。

 哲学との出合いは旧制八高(現名古屋大)時代。ハイデガーやニーチェへの理解を深める傍ら、西田幾多郎、田辺元、和辻哲郎ら京都学派に興味を持ち、京大哲学科に進む。死を見据えたうえで存在とは何かを考える立場の礎には、名古屋大空襲や徴兵など、自身の苦い経験があった。

 日本文化への探求を深め、広げていった。「今までの日本研究は総合的な視野が欠けていた。『日本のことなんかやるのは反動だ』と左寄りの批判があった」。学生運動が盛り上がった時代の世相には距離を置きつつ、権力者に対する舌鋒(ぜっぽう)は鋭かった。国際日本文化研究センター(京都市西京区)創設にあたり、中曽根康弘首相(当時)に恩義を感じながらも「私と中曽根さんとは政治的信条を異にしている。憲法改正に私は反対…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文734文字)

あわせて読みたい

注目の特集