メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梅原猛さん評伝 終戦後、死の意味を問うた哲学にのめり込む

書斎でくつろぐ哲学者の梅原猛さん=京都市左京区で2012年6月14日、森園道子撮影

 12日死去した哲学者、梅原猛さんは、単著だけで約100冊を記し、壮大な梅原日本学を構築する一方、国際日本文化研究センター(日文研)初代所長を務めるなど、戦後の京都学派最後の大物だった。気さくな人柄だったが、幼少期の家庭事情や戦争体験由来の孤独も影も宿していた。

 「人影に気付くと、すぐ隠れようとする」。2012年、梅原さんは京都・東山の自宅で、小さな水槽にいるメダカをいとおしそうに見ていた。その動きに、自身の本心を見ているかのようだった。

 婚外子で、旧家の養父母に育てられた。周囲の冷たい視線を浴びた。後年打ち出した大胆な仮説の源には、一…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文698文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  3. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田
  4. クックパッドニュース ウソ⁉「マシュマロ」が◯◯するだけで“マカロン”風に大変身☆
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです