メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梅原猛さん評伝 終戦後、死の意味を問うた哲学にのめり込む

書斎でくつろぐ哲学者の梅原猛さん=京都市左京区で2012年6月14日、森園道子撮影

 12日死去した哲学者、梅原猛さんは、単著だけで約100冊を記し、壮大な梅原日本学を構築する一方、国際日本文化研究センター(日文研)初代所長を務めるなど、戦後の京都学派最後の大物だった。気さくな人柄だったが、幼少期の家庭事情や戦争体験由来の孤独も影も宿していた。

 「人影に気付くと、すぐ隠れようとする」。2012年、梅原さんは京都・東山の自宅で、小さな水槽にいるメダカをいとおしそうに見ていた。その動きに、自身の本心を見ているかのようだった。

 婚外子で、旧家の養父母に育てられた。周囲の冷たい視線を浴びた。後年打ち出した大胆な仮説の源には、一…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです