メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市川海老蔵さんが「団十郎」襲名へ 20年5月に十三代目

 歌舞伎の人気俳優、市川海老蔵さん(41)が、来年の5、6、7月の東京・歌舞伎座を皮切りに各地で襲名披露を行い、十三代目市川団十郎白猿(はくえん)を襲名することが14日、松竹から発表された。同時に長男の堀越勸玄(かんげん)さん(5)が初舞台を踏み、八代目市川新之助を襲名する。

 団十郎家は市川宗家とも呼ばれる江戸歌舞伎を代表する名門。海老蔵さんの父十二代目団十郎さんが2013年に病没して以来、7年ぶりの大名跡復活になる。白猿は団十郎家にある俳号(句作の際の名)。

 海老蔵さんは1977年に十二代目団十郎(当時十代目海老蔵)さんの長男に生まれ、83年に初お目見え、85年に七代目市川新之助を名乗り、初舞台を踏んだ。04年に海老蔵を十一代目として襲名した。03年にはNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」に主演するなど歌舞伎以外でも幅広く活動している。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  3. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  4. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです