メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

軽井沢バス事故3年、遺族ら慰霊 尾木直樹さん「時間は止まったまま」

碑の前で手を合わせる大谷慶彦さん(左)と慶彦さんの兄=長野県軽井沢町で2019年1月14日午前11時17分、島袋太輔撮影

 長野県軽井沢町で大学生ら乗客・乗員15人が死亡したスキーツアーバス事故から15日で3年になる。遺族らが14日、事故現場を相次いで訪れ、犠牲者の冥福を祈った。

 現場の国道脇の山林には、樹皮がはがれるなど今でも事故の痕跡が残る。東京農工大1年の大谷陸人さん(当時19歳)を亡くした父慶彦さん(53)=東京都杉並区=は献花し、「現場を何度見ても悲しい気持ちになる。悲しさとむなしさに包まれた3年…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです