メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

亡き母ゆかりの地巡礼 尼崎の49歳男性、妻と子と

石屋川公園の桜に手を合わせる藤原雄大さん(右)と長女麦さん=神戸市灘区で2019年1月14日、山田尚弘撮影

 阪神大震災で犠牲になった母親ゆかりの地を毎年1月に巡る兵庫県尼崎市の会社員、藤原雄大(たかひろ)さん(49)が14日、小学2年の長女麦さん(8)、妻香さん(47)と尼崎から神戸まで6カ所を回った。最終地点は神戸市中央区の東遊園地にある「慰霊と復興のモニュメント」。昨年12月、犠牲者として新たに銘板へ刻まれた「岡西ヨリ子」の名を一緒に見つめた。56歳で突然終えた人生だった。

 「いま生きているということ。泣けるということ。笑えるということ」。薄明かりの差すモニュメントの地下…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです