メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全豪テニス公式球、日本企業から初採用 4大大会で初

今大会から採用された公式球を手にする住友ゴム工業テニスビジネス部の鈴掛彰悟さん=メルボルンで2019年1月14日、新井隆一撮影

 【メルボルン新井隆一】14日に開幕したテニスの4大大会第1戦・全豪オープンでは、住友ゴム工業(本社・神戸市)のテニスブランド「ダンロップ」のテニスボールが今大会から公式球として使用された。日本企業がテニス4大大会の公式球に採用されるのは史上初。大会を主催するテニス・オーストラリアとの交渉を担当した同社テニスビジネス部の鈴掛彰悟さん(43)は「(新しい公式球で)選手の素晴らしいプレーが見られるとありがたい」と感慨深げに語る。

 同社によると、歴史や伝統がある4大大会では主に欧米メーカー製が公式球に使用されてきた。しかし、欧米…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 犯人は逃走

  2. 鳥、ヘビ、魚…ナスカの地上絵新たに143点発見、AIも活用 山形大

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 平等院鳳凰堂がライトアップ 阿弥陀如来坐像など厳かに照らす

  5. 「テニスの王子様」 俳優の滝口幸広さん死去、34歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです