メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全豪テニス公式球、日本企業から初採用 4大大会で初

今大会から採用された公式球を手にする住友ゴム工業テニスビジネス部の鈴掛彰悟さん=メルボルンで2019年1月14日、新井隆一撮影

 【メルボルン新井隆一】14日に開幕したテニスの4大大会第1戦・全豪オープンでは、住友ゴム工業(本社・神戸市)のテニスブランド「ダンロップ」のテニスボールが今大会から公式球として使用された。日本企業がテニス4大大会の公式球に採用されるのは史上初。大会を主催するテニス・オーストラリアとの交渉を担当した同社テニスビジネス部の鈴掛彰悟さん(43)は「(新しい公式球で)選手の素晴らしいプレーが見られるとありがたい」と感慨深げに語る。

 同社によると、歴史や伝統がある4大大会では主に欧米メーカー製が公式球に使用されてきた。しかし、欧米より距離が近いアジア圏からの観戦者を拡大したい主催者側と、アジア全体に強い流通網を持ちつつ欧米にもマーケットを広げたい同社の思惑が一致したという。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです