メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3時間超の熱戦で難敵降す 西岡良仁2回戦進出 全豪テニス

男子シングルス1回戦を突破した西岡=2019年1月14日、AP

 テニスの4大大会第1戦、全豪オープンは14日、当地で開幕し、男子シングルス1回戦で世界ランキング69位の西岡良仁(ミキハウス)は6―4、7―6、4―6、6―4で同41位のテニース・サンドグレン(米国)を降し、3年連続で2回戦に進んだ。

 前哨戦のASBクラシックでツアー初優勝して勢いに乗る難敵を降した。「うれしい。このレベルの相手にちゃんと勝てた」。3時間12分の熱戦を制すると、23歳の西岡は両手でガッツポーズをして喜びを表した。

 ラリーやジュースが多かったが、粘り強さで西岡が一枚上手だった。象徴的だったのは1セット先取した後の…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです