メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

狂言方大蔵流 山本東次郎/2 狂言は人間賛歌

 狂言には、老人が主役の「三老曲(さんろうきょく)」と呼ばれる高い技量を必要とする曲がある。「庵梅(いおりのうめ)」「比丘貞(びくさだ)」「枕物狂(まくらものぐるい)」のその三曲を近年、東次郎は次々とつとめた。

 「比丘貞」のシテはお寮と呼ばれる年配の裕福な尼僧。あやかりたいと考えた男が息子を連れて訪ね、名付け親になってと頼む。通常なら権力を持つ男性が担う役割を任されたお寮は喜んで名を付け、舞を披露する。

 東次郎の初演は1988年。2014年に26年ぶりに再演した。謡は父から10代で教わり、所作と舞は2…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文807文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです