メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

狂言方大蔵流 山本東次郎/2 狂言は人間賛歌

 狂言には、老人が主役の「三老曲(さんろうきょく)」と呼ばれる高い技量を必要とする曲がある。「庵梅(いおりのうめ)」「比丘貞(びくさだ)」「枕物狂(まくらものぐるい)」のその三曲を近年、東次郎は次々とつとめた。

 「比丘貞」のシテはお寮と呼ばれる年配の裕福な尼僧。あやかりたいと考えた男が息子を連れて訪ね、名付け親になってと頼む。通常なら権力を持つ男性が担う役割を任されたお寮は喜んで名を付け、舞を披露する。

 東次郎の初演は1988年。2014年に26年ぶりに再演した。謡は父から10代で教わり、所作と舞は2…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです