メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「童の神」ほか

 ■童(わらべ)の神(今村翔吾著・角川春樹事務所・1728円)

 第10回角川春樹小説賞受賞作。「鬼」「土蜘蛛(つちぐも)」などと呼ばれていた朝廷にまつろわぬ者たちの抵抗の歴史を、流れるような筆致で描いた伝奇歴史小説。彼らを「童」と呼ぶ。時は平安、京人(みやこびと)に父と故郷を奪われた桜暁丸(おうぎまる)は復讐(ふくしゅう)を誓い京にやってきた。童たちと共に戦いを挑む。対するは源頼光率いる渡辺綱、坂田金時ら。(内)

 ■悪魔全書(佐藤有文著・復刊ドットコム・3996円)

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです