メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「童の神」ほか

 ■童(わらべ)の神(今村翔吾著・角川春樹事務所・1728円)

 第10回角川春樹小説賞受賞作。「鬼」「土蜘蛛(つちぐも)」などと呼ばれていた朝廷にまつろわぬ者たちの抵抗の歴史を、流れるような筆致で描いた伝奇歴史小説。彼らを「童」と呼ぶ。時は平安、京人(みやこびと)に父と故郷を奪われた桜暁丸(おうぎまる)は復讐(ふくしゅう)を誓い京にやってきた。童たちと共に戦いを挑む。対するは源頼光率いる渡辺綱、坂田金時ら。(内)

 ■悪魔全書(佐藤有文著・復刊ドットコム・3996円)

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文532文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
  2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
  4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです