メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

イ・チャンドン 若者の「不安」象徴 「バーニング 劇場版」を監督

「バーニング 劇場版」のイ・チャンドン監督

 「現代の若者は、親世代より経済的に厳しい生活を強いられる初めての世代。世界中の若者が抱える漠然とした不安を描きたかった」

 村上春樹が1983年に発表した短編小説「納屋を焼く」が原作の映画「バーニング 劇場版」(2月1日公開)を監督した。舞台を現代の韓国に置き換え、経済格差や若者の生きづらさといった先進国共通の課題を物語に反映させた。昨年5月のカンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した意欲作だ。

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
  2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
  4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです