メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

イ・チャンドン 若者の「不安」象徴 「バーニング 劇場版」を監督

「バーニング 劇場版」のイ・チャンドン監督

 「現代の若者は、親世代より経済的に厳しい生活を強いられる初めての世代。世界中の若者が抱える漠然とした不安を描きたかった」

 村上春樹が1983年に発表した短編小説「納屋を焼く」が原作の映画「バーニング 劇場版」(2月1日公開)を監督した。舞台を現代の韓国に置き換え、経済格差や若者の生きづらさといった先進国共通の課題を物語に反映させた。昨年5月のカンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した意欲作だ。

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです