メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

2014年開始、アドバイザー制度 大学で分析、防犯に活用 福岡県警、事件情報を提供

 福岡県警が2014年に全国に先駆けてスタートさせた「犯罪予防研究アドバイザー」の研究成果が、防犯の現場で活用され始めている。大学の研究者らに事件情報などを提供して防犯分野の研究を進めてもらい、その成果を事件の未然防止などに活用する取り組みだ。アドバイザーの助言に基づき、空き巣被害や事故が起きにくい工夫が凝らされた住宅地も登場した。【柿崎誠】

 「値段以上に重視したのは安全と安心。実際に住んでみて防犯の工夫を感じる」。昨年8月に入居した福岡県…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです