メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
阪神大震災

「遺体安置所の静けさ忘れられず」 石巻で企画展 被災14人の手記展示 /宮城

 阪神大震災から17日で24年となるのに合わせ、石巻市の東日本大震災伝承施設「南浜つなぐ館」で企画展「未来のために過去から学ぶ」~1995年阪神淡路大震災~が開かれている。今展のために寄せられた14人の手記も展示され、月日を経て変わること、変わらぬものを生々しい言葉で訴えかける。

 会場では、阪神大震災で被災した各地の発生直後から復興が進んだ後、そして現在の定点映像をタブレット端末で見比べられるほか、同震災を伝える防災・減災プログラムなどを紹介している。

 今回のために書かれた体験手記では、神戸市東灘区の実家が被災した女性が「遺体安置所の静けさが忘れられ…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文618文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです