メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小正月行事

各地で 無病息災、豊作祈る /茨城

 小正月の伝統行事が14日、県内各地で行われ、今年一年の無病息災などを祈った。一方、水戸市の偕楽園では梅が咲き始め、一足早い春の訪れを告げている。【安味伸一、韮澤琴音】

枝に紅白の「ならせ餅」 龍ケ崎

 龍ケ崎市川原代町の川原代コミュニティセンターでは、枝に紅白の丸餅を飾り、豊作を祈願する「ならせ餅」があった。住民がツバキの枝を用意。地元産のもち米をその場でつき、子供と一緒に餅を次々と刺して飾り付けた。高さ約3メートルの枝には数百個の餅が鈴なりに。19日まで飾る。

 住民団体「川原代ふれあい協議会」が地域の伝統行事復活のため2008年から毎年実施している。会長の木…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. ORICON NEWS 内野聖陽、『きのう何食べた?』細部までいき届いた繊細な演技に絶賛の声
  3. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  4. 大きな虹 福岡の空に
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです