メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「ホストタウン」続々 県内自治体、動き活発化 国際交流、地域振興に期待 /新潟

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、国内自治体と海外選手が事前合宿などを通じ文化、経済的交流を図る「ホストタウン」の取り組みが、県内でも活発化している。現在の県内登録自治体数は10件で、昨年12月には新潟市がロシアのホストタウンに登録された他、三条市もコソボを相手に近く申請する見通し。登録を契機に国際交流を継続的に深められることが魅力で、スポーツを通した地域振興にも役立ちそうだ。【井口彩】

 ホストタウンは、開催都市の東京だけでなく全国にオリンピックムーブメント(五輪精神を広げる運動)を波…

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです