メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妙高型健康保養地プログラム

日本ヘルスツーリズム認証 交流人口拡大や地域活性化に /新潟

 温泉などを活用して健康づくりや病気の予防に取り組む「妙高型健康保養地プログラム」が、県内で初めて日本ヘルスツーリズム認証委員会の認証を受けた。妙高市などは認証取得を機に幅広い旅行者に同プログラムへの参加を呼びかけ、交流人口の拡大や地域活性化につなげたい考えだ。

 同プログラムは妙高山麓(さんろく)の森林セラピーロードを歩く気候療法ウオーキングと妙高高原体育館の天然温泉プールでの水中運動を組み合わせ、参加者の健康増進を図…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです