メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

伊勢湾流域圏の環境考える 市民団体、岐阜で来月3日 /岐阜

 長良川、伊勢湾・三河湾を中心に地域の環境問題に取り組む市民団体が、2月3日13時半から「伊勢湾流域圏の再生シンポジウム」を岐阜市の複合施設「みんなの森ぎふメディアコスモス」(同市司町)で開く。

 伊勢・三河湾流域ネットワーク、UNDB市民ネットワーク、中部の環境を考える会などでつくる実行委員会と野生生物保全論研究会(JWCS)の共催。生物多様性に配慮した持続可能な生産と消費のあり方を考える。

 シンポジウムは今回で4回目。基調講演は高山進さん「『生物多様性の主流化』を物差しに考える地域の現状…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです