メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
せった

NYの日本製品扱う店に カフェ店主・星田さんら考案 カラフル、華やかさと履き心地追求 三郷 /奈良

 せったや草履作りが地場産業の三郷町で、欧州の古い生地を鼻緒に使った彩り豊かな柄のせったが人気だ。カフェ店主と職人らが「ジーンズなど普段着にも合う履物に」と考案し、見た目の華やかさに加え、柔らかさにこだわった履き心地も売り。昨年から米国の一部店舗にも並んでいる。

 三郷町は明治初期から鼻緒作りが盛ん。1950年代には生産高が全国で8割を占めた。せったや草履は町民に身近で、姿勢矯正に効果があるとされることから町の小学校や保育園では上履きとして用いられている。

 カフェを営む星田和彦さん(42)は2013年、店で開いたせったPRのイベントに常連客の職人、芝崎多…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文605文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち (中)若手隊員の思い やりがいと寂しさと メールで家族や夫と連絡

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです