メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

復興ビジョン、住民に説明 倉敷・真備、市長ら参加し懇談会 /岡山

地域住民の意見を聞く岡山県倉敷市の伊東香織市長=同市真備町市場で、益川量平撮影

 倉敷市は14日、西日本豪雨で甚大な浸水被害を受けた真備町地区の復興計画の基となる「復興ビジョン」を住民に説明するため、同町市場の市立薗小学校体育館で復興懇談会を開いた。午前、午後合わせて約250人の住民らが出席し、今後進めていく治水対策問題などについて意見を述べた。

 復興ビジョンは市が昨年末にまとめたもので、河川の治水対策▽真備町地区の全学区に浸水時の緊急避難場所を確保▽被災した事業者たちが入る復興商…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  3. それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板

  4. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  5. 東京、大阪、埼玉、兵庫、千葉で過去最多の感染 死者12人増え1994人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです