メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川駅伝

男子・尽誠学園高A、女子・香川西高V2 /香川

フィニッシュし笑顔を見せる尽誠学園高Aの木山達哉選手=高松市生島町の県総合運動公園で、小川和久撮影

 琴平駅伝記念男子第48回女子第15回香川駅伝競走大会(香川陸上競技協会、毎日新聞高松支局主催)が14日、高松市生島町の県総合運動公園で開かれた。県内外の中高生や社会人の男子28チーム、女子13チームが出場。晴れ渡った空の下、男子は6区間25.3キロ、女子は4区間13.8キロの周回コースでたすきをつないだ。男子は尽誠学園高Aが1時間18分55秒で2年連続19回目、女子は四国地区代表として昨年末の全国高校駅伝にも出場した四国学院大香川西高が49分36秒で、2年連続2回目の優勝を果たした。【小川和久、山口桂子】

この記事は有料記事です。

残り2387文字(全文2643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです