メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ地震

大災害へ備えを 正しく学び、正しく恐れる 県立大で公開講座、専門家から訴え /高知

「災害に正しく備えてほしい」と訴える兵庫県立大大学院の室崎益輝さん=高知市永国寺町の高知県立大で、松原由佳撮影

 南海トラフ巨大地震など大災害への備えについて考えるイベントが14日、県立大永国寺キャンパス(高知市永国寺町)であった。防災の専門家が登壇し、参加者約80人を前に、災害を正しく学ぶことの大切さを訴えた。

 県立大による公開講座の一環。兵庫県立大大学院の室崎益輝教授(74)=防災計画=が「来るべき南海トラフ地震にいかに向き合うか」と題し、講演した。

 室崎教授は、1995年に起きた阪神大震災後の復興やまちづくりに尽力してきた。そうした経験を踏まえ、…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 「漫画村」投稿役に猶予判決「悪質な犯行だが、被告はまだ若い」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです