メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北大路魯山人

没後60年、ゆかりの地を巡る 今も息づく、高い美意識

魯山人が滞在した当時とほぼ変わらないという安藤家の庭「古翠園」=滋賀県長浜市元浜町の「北国街道 安藤家」で、谷田朋美撮影

 書、篆刻(てんこく)、絵画、陶芸と多様な分野で才能を発揮し、美食家としても知られた北大路魯山人(1883~1959)。幅広い作品は、多くの人たちに人気だ。今年は没後60年。各地で節目の回顧展や記念展の準備が進んでいる。魯山人の活躍の足跡は多いが、西日本を中心にゆかりの地を訪ねた。【谷田朋美】

 滋賀県・長浜は、魯山人が30歳ごろに滞在した地だ。1905(明治38)年建築の「北国街道 安藤家」(長浜市元浜町)で多くの篆刻作品を制作した。案内してくれた第三セクター「長浜まちづくり株式会社」の吉井茂人さんは「当時無名だった魯山人を支えたのは、この地の豪商たちだった」と話す。「絹織物などで京都と取引していた豪商は美意識が高かった。魯山人の篆刻にほれ込み、制作の場を提供したのです」

 安藤家は明治以降、呉服商として栄えた。魯山人作の刻字看板の「呉服」(縦約1メートル、横約4メートル…

この記事は有料記事です。

残り1293文字(全文1683文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  4. さぬき市 2温泉10月廃止方針 入浴施設以外は存続 /香川
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです