メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧都城市民会館

「世界遺産登録 目指すべきだ」 イコモス理事、保存訴え 宮崎市でシンポ /宮崎

 戦後日本を代表する建築家の故菊竹清訓さんが設計した都城市の旧市民会館の保存を考えるシンポジウムが14日、宮崎市であり、国際NGO「国際記念物遺跡会議」(イコモス)日本理事の山名善之・東京理科大教授が「国内に残る同時期の現代建築と合わせて世界遺産登録を目指すべきだ」と訴えた。

 旧市民会館は1966年に開館し2007…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  3. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  4. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです