メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

梅原猛さん 93歳=哲学者「古代学・日本学」

 日本古代史への大胆な仮説や「森の文化」復権を唱え、日本文化や現代文明の在り方を問い続けてきた哲学者で文化勲章受章者、国際日本文化研究センター顧問の梅原猛(うめはら・たけし)さんが12日、肺炎のため京都市の自宅で亡くなった。93歳。葬儀は近親者のみで15日に営む。お別れの会を後日開く予定。

 1925年仙台市生まれ。旧制八高を経て、48年京都大文学部哲学科卒。67年立命館大教授。69年、学園紛争の収拾策を巡り「学問、思想の自由がない」と辞職した。74年から延べ約9年間京都市立芸術大学長を務め、現在も名誉教授。

 84年、当時の中曽根康弘首相に「日本学研究所」構想を持ち掛け、86年に「国際日本文化研究センター」…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文798文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです