メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中国

麻薬密輸罪のカナダ人に死刑判決 執行巡りけん制か

 【北京・河津啓介】中国遼寧省大連市中級人民法院(地裁)は14日、麻薬密輸罪に問われたカナダ人男性、ロバート・シェレンバーグ被告の差し戻し審を開き、死刑を言い渡した。この裁判では、昨年末の上訴審で、1審判決の懲役15年は不当に軽いとする検察側の主張を認め、審理の差し戻しが決まっていた。

 カナダ当局が昨年12月に中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)幹部を拘束した後、中国でカナダ人拘束が相次いでおり、中国当局は事実上の対抗措置を打ち出している形。1審より重い死刑判決を言い渡した異例の判断…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです