メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

石破茂氏/上 「一九四六年憲法--その拘束」 「保守」の原点を学ぶ

 私は、父が建設事務次官だった48歳の時の息子で、あまり「父と子」という感じではなかった。たまに「この本を読め」「これは面白いぞ」と薦めてくれた。中学生の時には、吉村昭の「零式戦闘機」「戦艦武蔵」や、イザヤ・ベンダサンの「日本人とユダヤ人」を渡されたりしていた。「読んで自分で考えろ」ってことだったのだろう。それが「親子の会話」のようなものだったのかもしれない。

 私が銀行員をしていた頃、亡くなる前の父に「何を読んだらよいですか」とたずねたことがある。「(夏目)…

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1123文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 重度の肺炎、武漢で日本人が入院 「新型」か不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです