メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳再会談

近く高官協議か ベトナムが有力

 【北京・共同】訪中した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が非核化に向けてトランプ米大統領との再会談に重ねて意欲を表明したのを受け、ポンペオ米国務長官と金英哲党副委員長が近く平壌かニューヨークで高官協議を開き、首脳会談の場所や日程の調整に乗り出すとの観測が強まっている。

 首脳再会談の場所は北朝鮮と同じ社会主義国で米朝双方が大使館を置くベトナムが最有力視されており…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです