サウジアラビア

記者殺害 米国務長官、解明要求 外務担当国務相と会談

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン会川晴之】中東歴訪中のポンペオ米国務長官は13日、サウジアラビアの首都リヤドでジュベイル外務担当国務相と会談した。ムハンマド皇太子の実弟であるハリド駐米大使も同席した。米国務省によると、ポンペオ氏は、昨年10月にトルコのサウジ総領事館で起きた、在米ジャーナリストのジャマル・カショギ氏殺…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集