メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イラン攻撃計画、ボルトン氏「国防総省に昨年要請」 米紙報道

 【ワシントン会川晴之】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が昨年9月、国防総省にイラン攻撃のプラン作成を要請したと米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが13日伝えた。イランが支援する武装集団が、イラクの米大使館や領事館に対してロケット弾などで攻撃したことに反発したのがきっかけという。トランプ米政権は経済制裁を科すなどイランへの圧力を強めているが、軍事行動の検討が明らかになるのはこれが初めて。

 イラクでは昨年9月、首都バグダッドで米大使館がある「グリーンゾーン」と呼ばれる地区や、南部の主要都…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文593文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです