メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

「顔真卿-王羲之を超えた名筆-」 後世への影響考察 東京国立博物館であす開幕

 特別展「顔真卿-王羲之を超えた名筆-」(主催・毎日新聞社など)が16日~2月24日、東京・上野の東京国立博物館で開かれる。長い書の歴史を俯瞰(ふかん)しつつ、顔真卿(709~785)の人物像や書の特徴を探り、後世や日本に与えた影響を多角的に考察しようという試みだ。主な出陳作を紹介する。【桐山正寿】

 <第1章 書体の変遷>

 「甲骨文」は中国・殷時代後期の遺跡、殷墟(河南省安陽市)から出土した現存最古の漢字資料。

この記事は有料記事です。

残り1503文字(全文1710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです