メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタル

モバイルバッテリーで備え

さまざまなタイプのモバイルバッテリー。両端は災害時に役立つ「ポータブル電源」=東京都中央区のアンカー・ジャパンで

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 いまや私たちの生活に欠かせないスマートフォン(スマホ)。外出時や災害に備えてスマホと併せて持っておきたいのが、モバイルバッテリーだ。店頭にはさまざまな製品が並んでいるが、どう選べばよいのだろうか。

 ●災害対策で需要増

 総務省の2018年情報通信白書によると、スマホの世帯保有率は75・1%と、パソコン(72・5%)を初めて上回り、家庭の必需品になりつつある。さらに、屋外で遊べる人気ゲームアプリの普及や大規模災害の影響でモバイルバッテリー市場も拡大している。調査会社BCN(東京都千代田区)の15~18年の販売数調査では、基点となる15年9月に比べ、スマホ向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」開始直後の16年7、8月には2倍に増加した。また、大阪北部地震や北海道胆振地方を震源とする地震など災害が相次いだことを背景に、18年9月も基点の1・71倍に上った。

 中国のモバイルバッテリー・メーカーAnker(アンカー)の日本法人アンカー・ジャパン(中央区)でも、売り上げが右肩上がり。13年の設立以降、5年間で約10倍になったという。

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです