メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

トリビア2020 パラリンピックマーク 挑戦続ける強い意志

パラリンピックのシンボルマーク「スリー・アギトス」

 パラリンピックのシンボルマークは「スリー・アギトス」と呼ばれ、赤、青、緑の3色の三日月のような曲線で描かれたデザインだ。

 「アギト」とは、ラテン語で「私は動く」という意味。困難を乗り越え、挑戦を続けるパラアスリートの強い意志を象徴し、三つの曲線が中心を囲むようなデザインは、世界中からアスリートが集う意義を示している。世界の国旗で最も使われているという理由で、こ…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです