メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 未来にワクワク=越智貴雄

大好きなバイクにまたがり、バーベルを挙げる樋口健太郎。競技はあおむけの姿勢で行う=写真家・越智貴雄さん撮影

 インパクトのある出会いだった。2017年12月、国内最高峰のパラ・パワーリフティング大会である全日本選手権。ある選手の場内アナウンスに会場がざわついた。「この選手、病院からきました」

 大会の3カ月前にバイクで高速道路を走行中、後方の車に衝突され、大腿(だいたい)部を切断して入院中だった樋口健太郎。病院の許可を得て男子72キロ級に出場し、136キロを挙げて金メダルを獲得したのだ。退院してからも記録を伸ばし続け、昨年10月のアジアパラ大会では171キロと日本記録を更新した。

 競技を始めたきっかけを尋ねると、「脚を切った時、何かやろうと思って、すぐに東京パラリンピック出場を目指そうと思った」と話す。若い頃、ジムトレーナーをしていた経験もあり、パラ・パワーリフティングに競技を決めたという。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです